つきまとい つきまとい対策

つきまとい対策<最悪の事態になる前に>必要な3つの対策

つきまとい対策

異性に対する恋愛感情や何らかの好意を抱くのは人として自然なことですが、自分の気持ちが満たされなかったり、願いがかなわなかったりして異常なまでの想いを抱くようになると、恋愛感情や好意の対象になった人に対して執拗なまでにつきまとうなどの行為をはたらく人がいます。つきまといのパターンは様々で、待ち伏せをしたり尾行したり、あるいは職場や学校に押しかけるといった行為もあります。

 

年々増加するつきまといの被害に合う可能性はだれにでもあることから、つきまとい対策を講じる必要性が高まっています。新聞やテレビのニュースではストーカーで被害を受けた方の事件が連日のように報道されていることから分かる通り、つきまといは多くの地域で発生しています。つきまとい対策でまず思い浮かべるのが警察への相談ですが、相談するだけでは、警察はすぐに動いてくれません。

 

そこでわたしたちが自分の身を守るために、様々なつきまといの証拠を掴んでおくことがなにより大切です。例えば執拗な手紙やメールの証拠、電話であれば録音をするといった方法です。証拠集めを自分一人で行なうのはなかなか簡単にはいかないため、探偵事務所などに相談することも必要です。これらのつきまとい対策を施したうえで、警察へ相談し被害届を提出します。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ