つきまとい つきまとい対策

被害にあったなら

被害にあったなら記事一覧

つきまとい被害の相談窓口

万が一つきまといの被害に遭ってしまった場合には、相談に乗ってくれる社会的なサービスを積極的に利用することをおすすめします。代表的なのが警察への問い合わせですが、警察にはつきまとい被害の相談窓口が設けられています。当然無料で、悩んでいることや困っていること、具体的な対処方法などのアドバイスを受けること...

≫続きを読む

 

つきまといはどこからが犯罪になるのか

相手の行為がつきまといになるのか、そうでないのかを見分ける境界線を知っておくと行動を起こす時に役立ちます。つきまといが犯罪になるかどうかを見分ける最大のポイントは恋愛感情や好意、あるいはそれらの感情が満たされないことで恨みをもち行動に至ったかどうかが問われます。借金の取り立てや支払いの執拗な請求など...

≫続きを読む

 

つきまとい行為の罰則規定

つきまとい行為の罰則規定には段階に応じて警告の発令、禁止命令と懲役及び罰金刑があります。警察に相談後、つきまといの事実が確認されると、加害者側に対して警告を発令します。これはストーカーなどの行為を行なうと処罰を受けることを知らせ、行為をやめるように促すものです。警告は文書と口頭で行われます。警告に従...

≫続きを読む

 

つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?

つきまといの被害に遭ってしまったら、警察の助けを借りるのが大切です。できるだけ早く警察に相談することで、被害を最小限に食い止めることができます。心配になるのは通報をした後に相手に気付かれてしまう危険はないかということです。パトカーがサイレンを鳴らして駆けつけるとすれば、相手にすぐに気付かれてしまうで...

≫続きを読む

 

つきまといに遭った時の被害届の出し方

つきまといに遭ってしまった場合、一刻も早く警察に相談することが大切です。警察に相談することでつきまといをする加害者への警告や禁止命令を発令してもらうことが出来るからです。ただこの方法では加害者に対してさらなる強い罰則を与えることはできず、根本的な解決策にはなりにくい一面もあります。そのためには警察に...

≫続きを読む

 

つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?

警察はつきまといの被害者からの相談に基づいて捜査を行ない、取り締まりを実施します。警察につきまといについての相談をすると、具体的な状況やこれまで受けてきたストーカー行為などについての聴取があります。例えば恋愛関係にあったか、かつて婚姻関係にあったかなどの情報に加えて、具体的にどのような被害を受けてき...

≫続きを読む

 

つきまといをする加害者への警告とは

つきまといに遭ってしまった場合、警察に相談をして被害届の提出を行なうことで警察も取り締まりに向けた行動を起こします。つきまといを行なう加害者に対して、警察は条例に基づき警告を発することができます。この場合の警告とは口頭と書面で行われます。例えばつきまといをしてはいけないことや、行為をし続けることでよ...

≫続きを読む

 


ホーム RSS購読 サイトマップ