つきまとい行為の罰則規定

つきまとい行為の罰則規定

つきまとい行為の罰則規定

つきまとい行為の罰則規定には段階に応じて警告の発令、禁止命令と懲役及び罰金刑があります。警察に相談後、つきまといの事実が確認されると、加害者側に対して警告を発令します。これはストーカーなどの行為を行なうと処罰を受けることを知らせ、行為をやめるように促すものです。警告は文書と口頭で行われます。警告に従わない場合にはつきまといの罰則規定として禁止命令を発令します。禁止命令はあとをつけたり執拗にメールや電話で連絡を取ったりする行為を禁止するものです。

 

つきまとい行為の罰則規定にはこれらに加えて警察に告訴することにより、警察は加害者に対して処罰を与える事ができます。6か月以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金が課せられます。また禁止命令が出た後につきまとい行為に該当する行動をとった場合にはより重い罰則規定があり、1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金刑に処されます。

 

警察は告訴しなければ動いてくれません。また証拠を提出しなければ動くことができませんから、きちんと対応しても得るように証拠を集めておくことをおすすめします。自分で集めることもできますが、不安がある場合やどうしたら良いかわからない場合には信頼できる探偵事務所に依頼するのも良い方法です。

つきまとい行為の罰則規定関連ページ

つきまとい被害の相談窓口
つきまといの被害に遭ってしまった場合に、無料で相談できる窓口の情報と信頼できるサービスの選び方を説明します。
つきまといはどこからが犯罪になるのか
相手のする行為がつきまといの犯罪に該当するかどうかを判断するつきまといの度合いや事例について紹介します。
つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?
つきまといの被害に遭った時には警察に通報するポイントと、さらなる被害を受けないためのアドバイスをまとめています。
つきまといに遭った時の被害届の出し方
つきまといに遭った際の被害届の出し方や証拠となる物品の種類、探偵事務所の利用のメリットを解説します。
つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?
つきまといの場合、警察が捜査や取り締まりを始めるタイミングや、被害届を提出する際に必要な証拠物品の集め方のアドバイスです。
つきまといをする加害者への警告とは
つきまといをする加害者に対する警告の効果や、禁止命令や罰金刑などの思い処罰を与えるためにわたしたちにできることをまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ