つきまといはどこからが犯罪になるのか

つきまといはどこからが犯罪になるのか

つきまといはどこからが犯罪になるのか

相手の行為がつきまといになるのか、そうでないのかを見分ける境界線を知っておくと行動を起こす時に役立ちます。つきまといが犯罪になるかどうかを見分ける最大のポイントは恋愛感情や好意、あるいはそれらの感情が満たされないことで恨みをもち行動に至ったかどうかが問われます。借金の取り立てや支払いの執拗な請求などはこれらに該当しないため、つきまといにはなりません。

 

犯罪とみなされるかどうかは、動機に加えて実際の行動も関係しています。例えばのぞき見をしたり、待ち伏せや尾行をしたりすることも含まれます。また執拗に電話をかけたりメールを送ったりすること、乱暴な言葉で相手を恐怖に陥れることなどもこれに含まれます。他にも中傷のビラや手紙を送りつけたることや性的に露骨な画像などをインターネット上に公開することも対象になります。度を越した行動はつきまといの犯罪者に該当する可能性が高くなるのです。

 

自分がされている行為が犯罪に当たるかどうかを知るためには最寄りの警察署へ相談したり、探偵事務所に相談をしたりすることでアドバイスをもらうことができます。ストーカーは厳しい処罰の対象となる犯罪ですから、適切な対策をとって対処をするようにしてください。

つきまといはどこからが犯罪になるのか関連ページ

つきまとい被害の相談窓口
つきまといの被害に遭ってしまった場合に、無料で相談できる窓口の情報と信頼できるサービスの選び方を説明します。
つきまとい行為の罰則規定
つきまとい行為の罰則規定を段階ごとに詳しく説明し、警察に動いてもらうために自分でできる実際的な方法もアドバイスします。
つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?
つきまといの被害に遭った時には警察に通報するポイントと、さらなる被害を受けないためのアドバイスをまとめています。
つきまといに遭った時の被害届の出し方
つきまといに遭った際の被害届の出し方や証拠となる物品の種類、探偵事務所の利用のメリットを解説します。
つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?
つきまといの場合、警察が捜査や取り締まりを始めるタイミングや、被害届を提出する際に必要な証拠物品の集め方のアドバイスです。
つきまといをする加害者への警告とは
つきまといをする加害者に対する警告の効果や、禁止命令や罰金刑などの思い処罰を与えるためにわたしたちにできることをまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ