つきまといをする加害者への警告とは

つきまといをする加害者への警告とは

つきまといをする加害者への警告とは

つきまといに遭ってしまった場合、警察に相談をして被害届の提出を行なうことで警察も取り締まりに向けた行動を起こします。つきまといを行なう加害者に対して、警察は条例に基づき警告を発することができます。この場合の警告とは口頭と書面で行われます。例えばつきまといをしてはいけないことや、行為をし続けることでより思い罰則の規定があることを相手に伝えてくれます。

 

また、警察の役割としてつきまといの加害者を叱り、二度と同じ行為をしないように指導を与えてくれます。警告には一定の抑止効果があり、加害者を思いとどまらせるのに有効な手段です。警告を発した後に加害者が同様の行為をする場合には禁止命令を発令します。禁止命令には行為を二度としないことへの宣誓書への署名捺印などが求められます。禁止命令が発令された後に何らかの違反を犯した場合には他の刑法で取り締まることもできます。

 

禁止命令の発令の他に懲役や罰金刑を加害者が受けるには警察への告訴が必要になります。そのためには具体的な証拠の提出などが必要で、被害の程度が重ければ重いほど警察も取り締まりに力を入れるようになります。告訴をする際には自分でも行なうことができますが探偵事務所などに調査を依頼することでより効果を高めることができます。

つきまといをする加害者への警告とは関連ページ

つきまとい被害の相談窓口
つきまといの被害に遭ってしまった場合に、無料で相談できる窓口の情報と信頼できるサービスの選び方を説明します。
つきまといはどこからが犯罪になるのか
相手のする行為がつきまといの犯罪に該当するかどうかを判断するつきまといの度合いや事例について紹介します。
つきまとい行為の罰則規定
つきまとい行為の罰則規定を段階ごとに詳しく説明し、警察に動いてもらうために自分でできる実際的な方法もアドバイスします。
つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?
つきまといの被害に遭った時には警察に通報するポイントと、さらなる被害を受けないためのアドバイスをまとめています。
つきまといに遭った時の被害届の出し方
つきまといに遭った際の被害届の出し方や証拠となる物品の種類、探偵事務所の利用のメリットを解説します。
つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?
つきまといの場合、警察が捜査や取り締まりを始めるタイミングや、被害届を提出する際に必要な証拠物品の集め方のアドバイスです。

ホーム RSS購読 サイトマップ