つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?

つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?

つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?

警察はつきまといの被害者からの相談に基づいて捜査を行ない、取り締まりを実施します。警察につきまといについての相談をすると、具体的な状況やこれまで受けてきたストーカー行為などについての聴取があります。例えば恋愛関係にあったか、かつて婚姻関係にあったかなどの情報に加えて、具体的にどのような被害を受けてきたのかについても尋ねられます。

 

情報をもとにつきまとい被害の程度などを確認し、警察は取り締まりを開始することになります。しかし注意しておきたいのはつきまといの被害にあったら自動的に取り締まりを行ってもらえるわけではないということです。被害届や告訴状の提出がなければ取り締まることができません。ですから被害にあったならできるだけ早く相談することが大切です。警察であってもすべての状況を把握できるわけではなく、加害者によっては巧妙に自分の行為を隠そうとさえします。

 

巧妙な加害者のつきまとい行為に対処するためには警察の助けに加えて、第三者のサポートが必要になります。例えば探偵事務所にストーカー被害についての相談を行ない、証拠集めや告訴状に必要な情報の収集を行なってもらう事ができます。探偵事務所の多くが急増するストーカー被害に対応しています。

つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?関連ページ

つきまとい被害の相談窓口
つきまといの被害に遭ってしまった場合に、無料で相談できる窓口の情報と信頼できるサービスの選び方を説明します。
つきまといはどこからが犯罪になるのか
相手のする行為がつきまといの犯罪に該当するかどうかを判断するつきまといの度合いや事例について紹介します。
つきまとい行為の罰則規定
つきまとい行為の罰則規定を段階ごとに詳しく説明し、警察に動いてもらうために自分でできる実際的な方法もアドバイスします。
つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?
つきまといの被害に遭った時には警察に通報するポイントと、さらなる被害を受けないためのアドバイスをまとめています。
つきまといに遭った時の被害届の出し方
つきまといに遭った際の被害届の出し方や証拠となる物品の種類、探偵事務所の利用のメリットを解説します。
つきまといをする加害者への警告とは
つきまといをする加害者に対する警告の効果や、禁止命令や罰金刑などの思い処罰を与えるためにわたしたちにできることをまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ