つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?

つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?

つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?

つきまといの被害に遭ってしまったら、警察の助けを借りるのが大切です。できるだけ早く警察に相談することで、被害を最小限に食い止めることができます。心配になるのは通報をした後に相手に気付かれてしまう危険はないかということです。パトカーがサイレンを鳴らして駆けつけるとすれば、相手にすぐに気付かれてしまうでしょうし、報復される心配も捨て切れません。

 

しかし大切なのは命ですから、自分を守るように最善の策を立てておくことは大切です。警察につきまといについて相談する際には、通報した際にパトカーのサイレンを鳴らさずに駆けつけてもらうことができるかどうかについて、話しておくことができます。警察も人命を優先して行動しますから、要望にもある程度応じてくれるはずです。反対に、緊急時にはサイレンを鳴らしながらパトカーが駆けつけることで一定の抑止力にもなります。

 

つきまといの被害に遭った時には警察に通報することに加えて、加害者の特定や被害の証拠をしっかりととらえておくために、探偵事務所の力を借りることも有効です。万一の時には警察に私たちに代わって通報してくれます。また自分では集めにくい証拠写真の撮影なども引き受けてもらえます。

つきまといを受けた時に通報するのは大丈夫?関連ページ

つきまとい被害の相談窓口
つきまといの被害に遭ってしまった場合に、無料で相談できる窓口の情報と信頼できるサービスの選び方を説明します。
つきまといはどこからが犯罪になるのか
相手のする行為がつきまといの犯罪に該当するかどうかを判断するつきまといの度合いや事例について紹介します。
つきまとい行為の罰則規定
つきまとい行為の罰則規定を段階ごとに詳しく説明し、警察に動いてもらうために自分でできる実際的な方法もアドバイスします。
つきまといに遭った時の被害届の出し方
つきまといに遭った際の被害届の出し方や証拠となる物品の種類、探偵事務所の利用のメリットを解説します。
つきまとい被害で警察が助けてくれるのはいつ?
つきまといの場合、警察が捜査や取り締まりを始めるタイミングや、被害届を提出する際に必要な証拠物品の集め方のアドバイスです。
つきまといをする加害者への警告とは
つきまといをする加害者に対する警告の効果や、禁止命令や罰金刑などの思い処罰を与えるためにわたしたちにできることをまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ