離婚後のつきまといも刑罰の対象になる?

離婚後のつきまといも刑罰の対象になる?

離婚後のつきまといも刑罰の対象になる?

離婚後に元の配偶者がつきまといを行う場合、つきまとい防止条例の懲罰対象になります。つきまといの定義はかつて恋愛関係にあったか婚姻関係にあった者が、別れた後にも執拗に復縁を迫ったり強迫行為をしたりすることです。ですから離婚後にストーカー行為を受けたなら警察に相談することが必要です。具体的には復縁を迫るメールや電話を繰り返すなどして、相手に恐怖心を与える行為が対象となっています。

 

通勤や通学路で尾行したり、自宅や職場に待ち伏せしたりすることも元の配偶者が行う場合罰則の対象になります。放っておけば収まるだろうと思わず、警察に出向いて状況を説明するようにしてください。1人で悩んでいるなら、やがて問題が大きくなって取り返しの付かない事態にさえなる場合があるからです。ポイントは警察に通報するよりも相談に出向くことです。

 

通報した場合、確たる証拠がなければ取り締まることができない場合もあるからです。身の危険が迫っている場合には通報してください。離婚後のつきまといなどの問題に立ち向かうには警察に加えて探偵事務所の力を借りることも大切です。警察がしっかり捜査を行ない確実に相手の行為を止めさせるためには専門家の力が必要になるからです。

離婚後のつきまといも刑罰の対象になる?関連ページ

元夫からのつきまといをやめさせるには
元夫からのつきまといをやめさせるためには毅然とした態度で立ち向かうなど、大切なポイントをまとめています。
つきまといの加害者が元彼の場合
元彼がつきまといの加害者になってしまった場合に、わたしたちにできる行動の取り方をわかりやすくまとめました。
つきまといの相手が知らない人だったら
知らない人からのつきまといを受けた場合には難しくなる相手の特定について、解決方法をまとめています。
つきまといが交際相手による場合
つきまといは男性の被害も増えています。交際相手への対応と、探偵事務所に協力を依頼するメリットも解説します。
つきまといが自宅にまで及ぶ場合
つきまといの加害者が自宅に押しかけてくる場合に備えて、個人としてできる対処方法についてまとめています。
ストーカーから無言電話がかかってきたら
ストーカーから無言電話がかかって来た場合の具体的な対処方法をまとめています。被害から身を守るポイントを解説します。
つきまといの相手が職場の同僚の場合
つきまといの相手が職場の同僚の場合、人間関係を壊さず対応するためのポイントを紹介しています。
つきまといの加害者から待ちぶせられたなら
つきまとい犯から待ちぶせをされた時にすぐに取るべき行動と、被害にあったらすぐに警察に相談することの大切さについてまとめています。
つきまといでうつ病になってしまったら
もしつきまといでうつ病になってしまった時の対処方法や、周りの人が事件の解決に向けてできることをまとめています。
つきまといで嫌がらせを受けた場合
つきまといで嫌がらせをする場合のいくつかのパターンを紹介します。また対応の仕方についてのアドバイスも解説しています。
つきまとい犯に押しかけられたら
つきまといに含まる職場や学校に押しかけや、自宅に来た場合の対処方法と対策、玄関の鍵かけのポイントもまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ