ストーカーから無言電話がかかってきたら

ストーカーから無言電話がかかってきたら

ストーカーから無言電話がかかってきたら

ストーカーの手口に繰り返し無言電話を掛けて相手を困らせるというものがあります。無言電話の場合、非通知での着信を使用するケースが多く、相手の特定が難しい場合も少なくありません。この場合に出来る対策の1つがナンバーディスプレイを契約して非通知であっても相手の着信を記録できるようにしておくことがあります。警察に相談する場合にはつきまといの証拠が必要になりますから、この記録は重要な証拠になります。

 

携帯電話にかかってくる場合も同様です。相手の着信記録を保存しておき、警察の相談に備えることができます。ただし、相手が特定できない場合捜査に踏み切れないこともあります。時折、電話番号を変えたり、着信拒否にしたりすれば大丈夫だという人もいますが、ストーカーの手口は無言電話だけでなく尾行や押し掛けなど様々ですから、あまり効果が高いとは言えません。

 

相手の特定ができない場合には、探偵に依頼してみるのも1つの方法です。探偵はこれまでのノウハウを活かして相手の特定に全力を注ぎます。そしてストーカー犯を特定できれば、証拠をしっかりと集め、警察の捜査がしやすいようにサポートをします。信頼できる探偵を探し、依頼することで、被害が大きくなる前に防ぐこともできます。

ストーカーから無言電話がかかってきたら関連ページ

離婚後のつきまといも刑罰の対象になる?
離婚後のつきまといは警察に相談することで取り締まってもらえます。探偵事務所の力を借りるメリットも説明します。
元夫からのつきまといをやめさせるには
元夫からのつきまといをやめさせるためには毅然とした態度で立ち向かうなど、大切なポイントをまとめています。
つきまといの加害者が元彼の場合
元彼がつきまといの加害者になってしまった場合に、わたしたちにできる行動の取り方をわかりやすくまとめました。
つきまといの相手が知らない人だったら
知らない人からのつきまといを受けた場合には難しくなる相手の特定について、解決方法をまとめています。
つきまといが交際相手による場合
つきまといは男性の被害も増えています。交際相手への対応と、探偵事務所に協力を依頼するメリットも解説します。
つきまといが自宅にまで及ぶ場合
つきまといの加害者が自宅に押しかけてくる場合に備えて、個人としてできる対処方法についてまとめています。
つきまといの相手が職場の同僚の場合
つきまといの相手が職場の同僚の場合、人間関係を壊さず対応するためのポイントを紹介しています。
つきまといの加害者から待ちぶせられたなら
つきまとい犯から待ちぶせをされた時にすぐに取るべき行動と、被害にあったらすぐに警察に相談することの大切さについてまとめています。
つきまといでうつ病になってしまったら
もしつきまといでうつ病になってしまった時の対処方法や、周りの人が事件の解決に向けてできることをまとめています。
つきまといで嫌がらせを受けた場合
つきまといで嫌がらせをする場合のいくつかのパターンを紹介します。また対応の仕方についてのアドバイスも解説しています。
つきまとい犯に押しかけられたら
つきまといに含まる職場や学校に押しかけや、自宅に来た場合の対処方法と対策、玄関の鍵かけのポイントもまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ