つきまといが交際相手による場合

つきまといが交際相手による場合

つきまといが交際相手による場合

つきまといの被害に合うのは女性だけに限りません。元交際相手によるつきまといの被害を受ける男性の数も急増しています。統計によるとつきまといの被害に遭う人のうち8割は女性ですが、2割は男性が被害にあっています。ですから男性の場合であっても警察に被害届を提出し捜査を依頼することが必要なケースも増えています。

 

元交際相手によるつきまといの犯行であることを警察に相談する場合には、そのことを証明する事実を提示する必要があります。またつきまといの被害を受けた実際の情況証拠も必要になります。例えばかつて交わしていたメールの内容や着信履歴、携帯電話の電話帳の情報などを提示します。注意したいことは、執拗な嫌がらせを受けている場合には相手の挑発行為に反応しないことも大切です。

 

元交際相手からのストーカー被害を受けているなら、確実に問題を解決するために探偵事務所に調査を依頼することも視野にいれることができます。警察に相談してもすぐに捜査をしてもらえるとは限らず、日常で起きているすべての被害を調査してくれるわけでもありません。この点、探偵たちは警察の手の届かない調査を行なってくれるというメリットがあります。根本的な問題解決に一役買ってくれる場合もあります。

つきまといが交際相手による場合関連ページ

離婚後のつきまといも刑罰の対象になる?
離婚後のつきまといは警察に相談することで取り締まってもらえます。探偵事務所の力を借りるメリットも説明します。
元夫からのつきまといをやめさせるには
元夫からのつきまといをやめさせるためには毅然とした態度で立ち向かうなど、大切なポイントをまとめています。
つきまといの加害者が元彼の場合
元彼がつきまといの加害者になってしまった場合に、わたしたちにできる行動の取り方をわかりやすくまとめました。
つきまといの相手が知らない人だったら
知らない人からのつきまといを受けた場合には難しくなる相手の特定について、解決方法をまとめています。
つきまといが自宅にまで及ぶ場合
つきまといの加害者が自宅に押しかけてくる場合に備えて、個人としてできる対処方法についてまとめています。
ストーカーから無言電話がかかってきたら
ストーカーから無言電話がかかって来た場合の具体的な対処方法をまとめています。被害から身を守るポイントを解説します。
つきまといの相手が職場の同僚の場合
つきまといの相手が職場の同僚の場合、人間関係を壊さず対応するためのポイントを紹介しています。
つきまといの加害者から待ちぶせられたなら
つきまとい犯から待ちぶせをされた時にすぐに取るべき行動と、被害にあったらすぐに警察に相談することの大切さについてまとめています。
つきまといでうつ病になってしまったら
もしつきまといでうつ病になってしまった時の対処方法や、周りの人が事件の解決に向けてできることをまとめています。
つきまといで嫌がらせを受けた場合
つきまといで嫌がらせをする場合のいくつかのパターンを紹介します。また対応の仕方についてのアドバイスも解説しています。
つきまとい犯に押しかけられたら
つきまといに含まる職場や学校に押しかけや、自宅に来た場合の対処方法と対策、玄関の鍵かけのポイントもまとめています。

ホーム RSS購読 サイトマップ