つきまといから自分を守るための対処法

つきまといから自分を守るための対処法

つきまといから自分を守るための対処法

もし自分がつきまといの被害に遭ってしまった場合、何よりもまず自分を守るための対処法を考えてください。放っておけばなんとかなると甘い考えを持っていると取り返しのつかない結果を招く恐れもあります。つきまといに遭ってしまった場合の対処法は警察に相談することです。つきまとい行為は都道府県の条例で規制されている、立派な犯罪です。警察に相談することで、自分の身を守ることができます。

 

警察に相談する場合には、相手を特定することと、証拠を集めておくことが大切です。メールや電話が頻繁に来るようであれば、それらを必ず保存しておくか録音しておくようにしてください。着信履歴のメモを取っておくのも対処法の1つです。具体的な証拠が多ければ多いほど警察は動きやすくなります。警察に相談すると警察は加害者に対してつきまといの禁止命令を出すことができます。

 

警察が動いたとしても被害が無くならないこともあります。この場合の対処法として役立つのが探偵サービスを利用することです。加害者の行動調査、警察へより強い証拠を提出するための証拠集めなど自分ではなかなかできないことを代行してくれます。また加害者に対してストーカー行為を行なっていることが、相手以外にも知られているという事実をしらしめることもできます。

つきまといから自分を守るための対処法関連ページ

つきまといに遭わないための対策
心理学に基づいて、つきまといやストーカーの被害に遭わないために必要な対策をまとめ、その対処の仕方も説明しています。
つきまとい対策と防犯ブザーの有効性
つきまとい対策で有効な手段の1つが防犯ブザーです。防犯ブザーの威力と、有効性について分析します。
つきまとい被害で弁護士の力を借りる
つきまとい被害に遭ってしまった場合に、弁護士に依頼することが有効な理由について解説します。
つきまとい対策として内容証明は有効か
つきまとい対策に内容証明を送ることについてと、内容証明を送る時、警察への被害届の提出を行なう際のポイントを解説します。
つきまといの証拠をおさえるために
つきまといの被害届を警察に提出するときの証拠集めの方法や証拠となる物、行為についての情報をまとめています。
つきまとい解決法
つきまといの被害をしっかりと解決するために自分でできること、つきまといを解決するためのポイントをわかりやすく説明します。
ストーカーの効果的な撃退法
ストーカーの被害に遭ってしまった場合の撃退法、防犯グッズ、セキュリティサービスなどのアドバイスを解説します。

ホーム RSS購読 サイトマップ