ネット誹謗中傷被害を受けた場合にできること

ネット誹謗中傷被害を受けた場合にできること

ネット誹謗中傷被害を受けた場合にできること

フェイスブックやLINEなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスや自分のホームページの掲示板、ブログのコメント欄には不特定多数の人と情報を交換できるという大きなメリットがあり、便利さも加わって利用する人はかなりの数に登っています。それと同時にこれらのサービスの利用がきっかけで見知らぬ人から恋愛感情を一方的に持たれてしまい、ストーカー被害に合う人もいます。

 

具体的な例としてあげられるのがネット誹謗中傷被害です。掲示板やコメント欄にありもしない事が書かれたり、相手を貶めるような書き込みをしたりする人もいれば、一方的に好意を寄せていることを書き続けるなどの行為に至る人もいます。ネット誹謗中傷被害に遭った場合には、まず自分でやりとりするのではなく、書込された内容をメモしたり保存したりしておくことが大切です。

 

ネット誹謗中傷被害も警察の取り締まりの対象になりますから、証拠を集めておくことで警察に相談した時に役に立ちます。幾つもの証拠があれば、警察は検挙に向けて全力を上げてくれるようになるからです。もし証拠を集めるのが難しいと感じているなら、探偵に依頼することを検討してみることもできます。警察への告訴に必要な証拠類を確実に集めるためのサポートが得られます。

ネット誹謗中傷被害を受けた場合にできること関連ページ

つきまといはネットを通じても発生する
インターネット上でのつきまとい行為が増加しています。そのための方法と、具体的に何をすればよいかを解説します。
ネットトラブルに巻き込まれないために
急増するインターネット上でのネットトラブルへの対処の仕方やきっかけになりかねない事例について紹介しています。
ネットストーカーとは
掲示板やブログへの投稿をきっかけにネットストーカー行為をはたらく人の危険性と、被害に合わないためのアドバイスです。
フェイスブックストーカーとは
フェイスブックストーカーの用いる手口と、ストーカーに対向するために行える方法を解説します。
サイバーストーカーとは
サイバーストーカーとはなにか、サイバーストーカーにあってしまった場合の対処方法などをわかりやすくまとめています。
LINEによるストーカー行為
便利なLINEですが、時にはストーカー犯罪の道具になる場合もあります。被害に遭った場合の対処法を解説します。
出会い系サイトでのストーカー行為
出会い系サイトで知り合った相手からストーカー行為を受けた場合の対処の仕方、警察相談の前にしておくことの情報をまとめています。
SNSストーカーとは
SNSストーカーの意味やSNSストーカーの使う犯行の手口、使う際の注意点や万が一被害に遭ってしまった場合にできる事についてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ