つきまといはネットを通じても発生する

つきまといはネットを通じても発生する

つきまといはネットを通じても発生する

つきまといはインターネット上でも発生します。例えばメールを断っているにもかかわらず何度も送りつけたり、インターネット上の掲示板などに誹謗中傷の書き込みをしたりとその手口は様々です。自分が気づかないところで書き込みがなされ、友人たちからの指摘で気づく場合もあります。条例ではこれらの行為も禁止されていて、違反した場合には罰則規定があります。

 

インターネット上のつきまとい行為に遭ってしまった場合には、証拠として送りつけられたメールの内容を保存しておき、どれくらいの間隔で何通送りつけられているかを記録しておきましょう。またメールの内容も重要な証拠になりますからメールを印刷して保存しておくこともできます。警察に通報する際にはこれらの証拠を持って行きましょう。

 

インターネットでのつきまといは年々増加しています。警察もサイバー犯罪対策を強化していますが、すべての事例に対して操作ができるわけではありません。そこで探偵に依頼してインターネット上のつきまとい行為についての情報収集や警察への相談の対策を立てることができます。依頼する場合にはサイバー犯罪に強いもしくは実績のある探偵事務所を探すようにしてください。ホームページなどでこれまでの実績が掲載されていますから、参考にすることができます。

つきまといはネットを通じても発生する関連ページ

ネットトラブルに巻き込まれないために
急増するインターネット上でのネットトラブルへの対処の仕方やきっかけになりかねない事例について紹介しています。
ネットストーカーとは
掲示板やブログへの投稿をきっかけにネットストーカー行為をはたらく人の危険性と、被害に合わないためのアドバイスです。
フェイスブックストーカーとは
フェイスブックストーカーの用いる手口と、ストーカーに対向するために行える方法を解説します。
サイバーストーカーとは
サイバーストーカーとはなにか、サイバーストーカーにあってしまった場合の対処方法などをわかりやすくまとめています。
LINEによるストーカー行為
便利なLINEですが、時にはストーカー犯罪の道具になる場合もあります。被害に遭った場合の対処法を解説します。
出会い系サイトでのストーカー行為
出会い系サイトで知り合った相手からストーカー行為を受けた場合の対処の仕方、警察相談の前にしておくことの情報をまとめています。
ネット誹謗中傷被害を受けた場合にできること
掲示板やブログのコメント欄などでネット誹謗中傷被害を受けた際にとることのできる行動の仕方をまとめています。
SNSストーカーとは
SNSストーカーの意味やSNSストーカーの使う犯行の手口、使う際の注意点や万が一被害に遭ってしまった場合にできる事についてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ