ストーカー被害あってしまったら

ストーカー被害あってしまったら

ストーカー被害あってしまったら

ストーカー被害に遭う方が急増しています。きっかけは様々で例えば飲み会で一緒に飲んだ男性に一方的に好意を持たれ、その後自宅ポストに手紙が繰り返し送りつけられたり、何らかの方法で自宅や携帯電話番号を聞き出し、繰り返し電話をかけてきたりするというケースがあります。また、かつて交際していた彼氏に別れを切り出したところ、そのことに逆恨みされ通勤途上で待ち伏せをされたり、職場に押しかけられたりしたというケースもあります。

 

もしストーカー被害にあってしまったら、まずは警察と思うかもしれませんが、警察に被害届を出すにはストーカー行為を受けている証拠を提示する必要があります。不幸にもストーカー被害に遭ってしまった場合、警察に被害届を出す前にしっかりとした証拠を集めておくことで警察も対応しやすくなります。

 

メールや手紙であれば、繰り返し執拗に送りつけられていることを証明する必要がありますし、電話であれば話の内容を録音しておくことが必要です。待ち伏せや尾行の場合には証拠写真が必要です。このような証拠集めに協力してくれるのが探偵事務所です。探偵事務所はあなたの秘密をしっかりと守り、執拗な相手の証拠を見つけ出してくれます。もし被害にあっているなら、警察への被害届とともに探偵事務所に相談してみることをおすすめします。

ストーカー被害あってしまったら関連ページ

つきまといとは
近年急増しているつきまといとは何かについての具体的な事例とその対処方法についての説明しています。
ストーカーになる危険性のある人とは
ストーカーになる危険性のある人の特徴を解説します。相手の様子がおかしいと感じた場合に、とるべき行動についてもお話しします。
つきまといとストーカーの違いを判断する
警察はつきまといとストーカーを別個に判断します。また、その証拠集めに役立つ情報も説明します。
ストーカーの相手を特定するには
相手の存在を特定できないストーカー被害にあうケースがあります。そのような時に役立つ探偵業の利用の仕方を説明します。
ストーカーを繰り返す人の心理
ここではストーカーを繰り返す人の心理状態を3つのパターンに分け、なぜそれらの感情がつきまといを引き起こすのかを説明します。
つきまといを取り締まる条例
全国の都道府県で制定されているつきまといを取り締まる条例について経緯や警察に届け出る際のポイントを解説します。
ストーカー規制法とは
平成12年に施行されたストーカー規制法の概要、処罰の対象となる事例、証拠を集めるための役立つポイントを紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ