ストーカーになる危険性のある人とは

ストーカーになる危険性のある人とは

ストーカーになる危険性のある人とは

恋愛関係のもつれや別れ話をきっかけに相手が豹変し、つきまといやストーカー行為を行なうようになってしまうケースが後を絶ちません。だれもストーカーの被害者にはなりたくないと思いますが、不幸にもつきまといの被害に遭ってしまう人がいるのも事実です。こうした危険性のある人の特徴をつかんでおくと、相手を選ぶ際に慎重に判断することができます。

 

ストーカーになる危険性のある人の特徴の1つ目は自己中心的な人です。自分のことだけしか考えていない人や、自己愛が強い人は恋愛においても自分を中心にして物事を考えようとするため、失恋すると逆恨みをしたり、そんなはずはないという態度で何度も復縁を迫ったりする場合があります。これがエスカレートしてつきまといへと発展します。

 

ストーカーになる危険性のある人の特徴の2つ目は完璧主義の人です。何事も完璧にこなそうとする人の場合、失敗を恐れる傾向が強く恋愛関係のピリオドを打つことを告げられると何とかその状況を修復しようと極端な行動に出る場合があります。自分に対する過度の自信から執拗につきまとい、相手を脅しつけてでも復縁しようとします。少しでも相手の言動がおかしいと感じたら、警察に相談する事ができます。ただしつきまといについての明確な証拠が必要ですから、探偵事務所などに証拠集めのサポートを依頼することも大切です。

ストーカーになる危険性のある人とは関連ページ

つきまといとは
近年急増しているつきまといとは何かについての具体的な事例とその対処方法についての説明しています。
ストーカー被害あってしまったら
ストーカー被害のきっかけとなる具体的な事例や、ストーカーに遭ってしまった場合に自分を守るためにできることを解説します。
つきまといとストーカーの違いを判断する
警察はつきまといとストーカーを別個に判断します。また、その証拠集めに役立つ情報も説明します。
ストーカーの相手を特定するには
相手の存在を特定できないストーカー被害にあうケースがあります。そのような時に役立つ探偵業の利用の仕方を説明します。
ストーカーを繰り返す人の心理
ここではストーカーを繰り返す人の心理状態を3つのパターンに分け、なぜそれらの感情がつきまといを引き起こすのかを説明します。
つきまといを取り締まる条例
全国の都道府県で制定されているつきまといを取り締まる条例について経緯や警察に届け出る際のポイントを解説します。
ストーカー規制法とは
平成12年に施行されたストーカー規制法の概要、処罰の対象となる事例、証拠を集めるための役立つポイントを紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ