ストーカーの相手を特定するには

ストーカーの相手を特定するには

ストーカーの相手を特定するには

相手の存在がわからずストーカー被害を受けるケースがあります。例えば無言電話が繰り返しかかってきたり、宛先不明の郵便物が繰り返し届いたりすることさえあります。また何らかの形で嫌がらせを受ける場合もあります。例えば郵便ポストにゴミが入れられたり、頼んでもいない出前が届けられたり、住まいの壁などに落書きをされたりするケースです。時には近隣に中傷するビラが撒かれるということもあります。どれも迷惑なだけでなく、怖い思いをする行為です。

 

しかし自分に思い当たるふしがなく、ストーカーの相手を特定できない場合、証拠を集めるのに困難を極めるようになります。警察に相談することも必要ですが、そのためには相手を特定できる証拠を持っていかなければなりません。こうしたケースで役に立つのが探偵に依頼する方法です。

 

ストーカーの相手を特定するために探偵の方が張り込みを続けたり、郵便物の経路を調べたりして相手を特定するために全力をあげます。警察の場合は特定の証拠が揃い、ストーカー被害に受けていることが確証されなければ捜査に踏み切れないこともあり、捜査が後手に回ってしまうことがありますが、探偵事務所に依頼することでこうしたリスクを補うことができます。何らかの被害に遭う前に探偵業に依頼して難を逃れた人も多くいます。

ストーカーの相手を特定するには関連ページ

つきまといとは
近年急増しているつきまといとは何かについての具体的な事例とその対処方法についての説明しています。
ストーカー被害あってしまったら
ストーカー被害のきっかけとなる具体的な事例や、ストーカーに遭ってしまった場合に自分を守るためにできることを解説します。
ストーカーになる危険性のある人とは
ストーカーになる危険性のある人の特徴を解説します。相手の様子がおかしいと感じた場合に、とるべき行動についてもお話しします。
つきまといとストーカーの違いを判断する
警察はつきまといとストーカーを別個に判断します。また、その証拠集めに役立つ情報も説明します。
ストーカーを繰り返す人の心理
ここではストーカーを繰り返す人の心理状態を3つのパターンに分け、なぜそれらの感情がつきまといを引き起こすのかを説明します。
つきまといを取り締まる条例
全国の都道府県で制定されているつきまといを取り締まる条例について経緯や警察に届け出る際のポイントを解説します。
ストーカー規制法とは
平成12年に施行されたストーカー規制法の概要、処罰の対象となる事例、証拠を集めるための役立つポイントを紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ